3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2199
ナイス数:138

リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)リケジョ探偵の謎解きラボ 彼女の推理と決断 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
保険金詐欺やらが関わってくるので、冒頭、嫌だなーというのが続く。もう少し、リケジョの活躍が多い方が私の好みだけど、それよりも今回は婚約中の二人の進展メインって感じなのかな。最後の久里子さんのアレは、謎解きありきっていう感じでちょっと、強引かなと思った。
読了日:03月30日 著者:喜多 喜久
ミステリーズ! Vol.98ミステリーズ! Vol.98感想
明智と葉村のエピソード0。キャラミス感の強い短編でした。この二人の連作短編とかも、面白そうだな。出てほしい
読了日:03月28日 著者:今村 昌弘ほか
科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました (文春文庫)感想
すごく面白かった。似非科学を嫌悪する主人公と、流されやすい家族。私だったらイオンが出るらしいドライヤーより早く乾いて静かな方が断然いいなぁ。この作品すごく面白かったのに残念だったことがひとつ。結構よく見かけるけど、文庫化する際に改題された本だと言うところ。色々事情があるとは思う、けれど『間違って新作だと思って買ってくれる人がいたらいいな』っていう思惑が何となく透けて見える。別に悪いことでは無い。私個人的に、もう作家で追うのはやめようかなという思いがよぎって心から楽しめなくなるだけだ。作中とリンクしたのだ。
読了日:03月22日 著者:朱野 帰子
魔眼の匣の殺人魔眼の匣の殺人感想
シリーズ化したことに少しの驚き。今回は、前回よりも静かな話。前半は結構退屈な所もあったりしたけど、後半からグッと面白くなった。
そして、また続きがあるみたいなのでそちらも楽しみです。
読了日:03月21日 著者:今村 昌弘
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)感想
なんでそんな男に騙されるのか…不思議だけどまぁ、何があるかわからないからなぁ。いずれにしても生活のランクを下げることって、すごく難しいから偉いなとヒヤヒヤしながらも読んだ。いい人に助けられて羨ましい。私も地に足をつけて踏ん張らねばなぁ
読了日:03月10日 著者:青木 祐子
流浪の月流浪の月感想
すごく純粋に好きだと思える作品だった。常識という正義を振りかざす人間を腹立たしいと思う。でも、幸せだからいいよね、なのか? 私だったら真実を知って欲しいと思う。でも、知って欲しいと動くことはまた全てを壊すことに繋がるのかもしれない。ただ一つだけ、亮のことだけは、フィクションであっても許せないと思う。
読了日:03月05日 著者:凪良 ゆう
スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)スマホを落としただけなのに 戦慄するメガロポリス (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
エンタメ業界の人が書いてるだけあって、衝撃だとか、メディア化した時にどういう描かれ方をするかに重きを置かれている感じがする。面白いけど、面白かったーで終わりって感じ。シリーズを重ねる毎にスケールは大きくなって行くけど、それによってより浦井の小ささが浮き彫りになった感じがする。
読了日:03月02日 著者:志駕 晃

読書メーター

一昨日のこと。
うちの猫が血液混じりの嘔吐。
水分だけ履いたんだけど、膀胱炎の尿と同じ色をしてました。
元気もなくて、口からよだれ垂らしながら寝てたのでやばいってことで午後イチで病院。

血液検査をしてもらったけど、これといった異常はなく、年齢の割に毛艶もいいし若々しいですよねー…と言われる。
吐いたものは写真を撮っていってお見せしました。
点滴してもらいました。

それで、その日は何も食べないほうがいいし食べないと思うって言われてたにも関わらず、しれっと食事をして、吐きました(今度は赤くはなかった)。
ご飯は片付けて寝たら明け方、お腹すいたと大騒ぎ。仕方ないのでゲル状のおやつを少しだけあげて、翌日も同じのをちょっとあげて、また病院。
引き続き点滴してもらって帰宅。

結構元気になったし、それ以降はご飯も食べてるし吐いてもいないです。

年齢とともに、猫の健康状態も色々と問題が出てきますね。こればっかりは加齢なので仕方がない。
できるだけ元気に長生きしてほしい。

それと、今日ですが、仕事から帰ってきてから気まぐれにマスクを作りました。

今月頭くらいに買っておいたダブルガーゼと鼻のところのワイヤーを使いました。
ゴムは、来月頃まで届かないんですけどね。

まぁ、使い終わったマスクのゴムなんかを再利用して作りました。

使い捨てのマスクもまだ50枚以上あるんだけど、これはできれば仕事用にしたくて、休みの日にちょっと買い物行くときなんかに布マスクあるといいなと思ったんですよね。
こんなのでも花粉くらいは防いでくれると思うんだけど、どうかな。

新しくなって返ってきました。
13,800円だったかな。ちょっと前まではもっと安かったっぽいけど、この値段で新品になったならOKでしょう!
ライトニングケーブルもちょっと接触不良起こしてたんだけど、新しいから大丈夫だねー。前にiTunes経由でアップデートしたら接触不良でクラッシュしたことがあったんだけど、無事に色々作業完了しました。素晴らしいー!

復元も時間がかかったもののちゃんと完了。
そうそう、本体の色が変わっちゃうかも? って話だったけど、ちゃんと同じ色が来ました。いやーよかった。

これでまた3年半とか使えるでしょう! 新たに購入することも考えたけど、音楽再生できたらそれでいいのでこのスペックで十分なんだよね。

私のiPod touch(第6世代)がバッテリーダメ子なので修理(と言う名の本体交換)に出しました。
最初郵送にしようと思ったらできなかったので、電話で相談。それでもだめで店舗に行ってくれということで行ってきた。

結局1万3千円?くらいかかるみたい。
しかも、色が変わるかもとか、今のウィルスの問題で普段より時間がかかるかも等。

まぁ、なんでもいいやということで。

大体1週間。それでも届かなければ連絡をくれるそうですよ。

何が不便って、寝るときにね…入眠障害があるもんで、1時間タイマーかけてオーディオドラマ聴いてるんだけど、それが聞けないことですね。
寝れる気がしない。

しばらくの我慢です。

奈々さんのライブを取ってるのですが、公演日が4月11日です。
開催されるかはちょっとむずかしいタイミングでしょうか…。

会場の宇都宮市文化会館のページを見に行ったところ、『令和2年2月20日(木)~3月31日(火)の期間中に、当館施設を利用される方が、新型コロナウィルス感染症の感染予防のために、施設利用をキャンセルされた場合においては、既に納付いただいております使用料を全額還付いたします。』と書いてありました。
11日に続報が出たら伸びるかもしれない、そしたらライブも中止になるかもしれないという割と瀬戸際な感じでしょうか。

奈々さんライブでホール公演(キャパ2000!)に参加するのは初めてだったので楽しみにしてました。
例えば延期になっても、またチケット取り直しになるだろうから、もう取れる気がしない…しないよー…

5月は神谷さんの横アリ。ただでさえチケットあまりが出そうなところで、このコロナ影響の中先行販売やってますけど、取る人も少ないんじゃないかな…と心配。
色々心配。

4月以降、いろいろな生活がもとに戻ってライブも無事に開催されるといいなと思いますよ、ほんと。

仕事が休みだったので、予約してた心療内科と、定期的に通ってる呼吸器科のある町医者に行ってきました。
町医者の方は患者はいなくてすぐに診てもらえました。
そこで、花粉症の目薬も出してもらったし、いつもの薬も3ヶ月分処方してもらった。

それから心療内科の方は電車移動。
予約しててもしばらく待つので、読書しながら待っていたら、隣にめちゃくちゃタバコ臭いひとが座ってきたので、申し訳ないけど席移動。だって…頭痛がするほどニオイがひどかったんだもの……

診察はいつもどおりの世間話と、自立支援の更新、今年は診断書無しで大丈夫ですよーって言われておしまい。
こちらも、だいたい3ヶ月分いただいて帰宅。

これだけでだいたい4時間位かかった…。こんなご時世なこともあって外出は疲れますね。
でも、とりあえずこれで、万が一病院がパニックになったとしても薬がなくて困った! ということは回避できるのでひとあんしん。

日々感染者が何人だの、イベントが中止だのというニュースに嫌気が差し、また近くの駅の近くで感染者が出たとかのニュースで、さすがにちょっと怖いなと思い始めた頃。
職場の縮小開館が決まりました。

店に行けばトイレットペーパーも箱ティッシュも売ってない。なんだったら、生理用品も危ういようなこの状況。
身近にもついに規制の波が…!
仕事が休みになったりはしないんだけど、縮小開館になる前の最終日ということでバタバタでした。

まぁ、休館するわけではないので、ネットを使える人はさほど焦る必要もないと思うんですが、よく理解されないまま来る方も結構いて…。
あと、ここに来て新規の方も多くて…なんでだろう? 私の想像の至らないことが起こっているようでした

早くもとの生活に戻るといいなと思ってます。

2月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2400
ナイス数:125

活版印刷三日月堂 小さな折り紙 (ポプラ文庫)活版印刷三日月堂 小さな折り紙 (ポプラ文庫)感想
これでさすがにシリーズは完結なのかなぁ。以前出てきた人達がどうなったのか。相変わらず温かい話、温かい街でした。冒頭に付いていた活版印刷のページもやっぱり素敵。豪華版で活版印刷の本が出たらいいのになぁと思わずにはいられない。
読了日:02月28日 著者:ほしお さなえ
京都寺町三条のホームズ(14)-摩天楼の誘惑 (双葉文庫)京都寺町三条のホームズ(14)-摩天楼の誘惑 (双葉文庫)感想
ニューヨーク編。葵が成長してどんどんつよくなっていく姿が描かれていてとても良かった。彼女の判断は恐らく正しいのだろう。逆に清貴は葵に(勝手にひとりで)振り回されてる感じが面白い。キュレーター達のキャラの濃さも面白かった。そんな中、個人的にピカイチだったのは、利休のかっこよさでした。
読了日:02月22日 著者:望月 麻衣
ノッキンオン・ロックドドア2 (文芸書)ノッキンオン・ロックドドア2 (文芸書)感想
面白かったけど、人間関係にモヤモヤするし、結局犬の事件ってどうなったの? 何か大変なことがあるから切りつけるまでのことをしたんだろうと思うけど、そのへんがハッキリしないから凄く気持ちが悪い。あと、最終章以外に関しては、どっちの台詞なのか、相変わらず分からないままで、もういっそ分からなくていいものなのかなと思いながら読んでた。教授にぜんぶ説明して欲しい。
読了日:02月19日 著者:青崎有吾
美少年蜥蜴【影編】 (講談社タイガ)美少年蜥蜴【影編】 (講談社タイガ)感想
天才児君が饒舌になったー!これは後々アニメが楽しみです。それにしても光と影、1冊に入ったんじゃないかという程の薄さでしたが、綺麗すぎるほど綺麗に完結。
読了日:02月14日 著者:西尾 維新,キナコ
宝石商リチャード氏の謎鑑定 夏の庭と黄金の愛 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 夏の庭と黄金の愛 (集英社オレンジ文庫)感想
今回はフランス。リチャードの母親は読んでいてなぜか腹が立つキャラクターだった。ところで、イギーのブログは一体何に生きてくるんだろう?そこが楽しみでもある。あと、今回読んでて嬉しかったのは、下村が出てきたところ。海外で友人と会うのは普段とは違う喜びだろうと思う。それと、終わり方が大変なことに…続きが気になる。
読了日:02月13日 著者:辻村 七子
medium 霊媒探偵城塚翡翠medium 霊媒探偵城塚翡翠感想
これはすごく面白かった。読み始めたときは、よくある連作短編のミステリに霊媒という要素をくっつけたものだと思ってたけど。嫌な予感を抱えて読んで、最後に全部ひっくり返される感じは気持ちがいい。
それと、秋に観劇したリーディングライブは、作中に出てくる黒書館殺人事件だったようだ。リーライ直後に読んでおけばよかったと思うのが半分、どちらも体験できてよかったという満足が半分。
読了日:02月07日 著者:相沢 沙呼
巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)感想
どれも美味しそう。甘いものが猛烈に食べたくなる。マカロンは掲載時に読んでいたので再読。でも全然覚えてなかった。あげぱんは珍しく冒頭でオチが読めてしまい確信を深めるために読み進めることになった。シュークリームのラスト、今回もまた後味の悪い終わりになるかなと思っていたら、随分と可愛らしいエンディングに逆にびっくり!それはそうと、古城の父親は残念な人だなぁ。
読了日:02月03日 著者:米澤 穂信
虚構推理 スリーピング・マーダー (講談社タイガ)虚構推理 スリーピング・マーダー (講談社タイガ)感想
前よりもミステリ感のある話だった。しかし、岩永やべえな…。どこまでも公平で正しいけど、人ではないな
読了日:02月02日 著者:城平 京

読書メーター

歯ぎしり人間だからね欠けるよね。
でも、今回は結構大きく欠損してビビってます。

痛くはないけど唇の裏に尖った歯がぶつかって痛いし放っておくと歯ぎしりでどんどん歯がなくなっていきそう。
歯医者に普通に予約入れたら2週間後だけど、なんとかねじ込んでもらうしかないかも。

最近はだめですね。脊柱管狭窄症がまた顔を出してるせいで、仕事のときに痛み止めを飲まずにいられません。
そんなわけで毎日鎮痛剤を飲んでいると起こるのが、頭痛薬のせいで頭痛になるやつ。

休日は薬を飲まないでいたいので、そうするともうガンガンしてきて、寝込む羽目に。

今日もご多分にもれず寝込んでました。頑張っても痛み止めを飲むのをやめるべきかなぁ。

PAGE TOP